変化の対応には、常に新しい情報・正確な情報を入手することが必要です。 しかし、情報もまた新しい時代の流れと同じように変化し続けます。
今必要とする情報をどのように入手するか、それをどのように活用していくか。
私たちは「情報調達の場、発信の場」を提供し、そこで得たものを生きた情報として活用して頂きたいと考えております。

リスクマネジメント

企業の安定的・永続的な発展のために、経営者は適切な「リスクマネジメント」をこころがける必要があります。

中小企業経営者が抱えるリスク

  • 役員退職慰労金・弔慰金

    経営者がご勇退後に豊かな老後を送るための生存退職金として、また、万一の時に残されたご家族の生活を支えるための死亡退職金として、 役員退職慰労金および弔慰金の準備が必要になります。
    現在貴社では退職金規定、退職積立金のご準備はお済みですか?
    中小企業が抱えるリスクは得てして大きなものになりますが、対策を講じられている会社、事業者の数はあまりにも少ないのが現状です。

  • 運転資金対策

    経営者が万一のときに後継者が円滑に事業を承継できるよう、当面の人件費(従業員の給与)やその他事業継続に関わる資金などの運転資金の準備が必要です。
    後継者に悩む経営者は年々その数を増しています。後継者をさがす前に会社の内部のリスクを回避する事は絶対条件になります。
    事業の永続発展のためにも現状を正しく把握し、リスク回避をする事は、経営者にとって最も重大な課題の一つとなります。

  • 借入金対策

    金融機関から事業資金を借り入れている場合は、経営者に万一があった時の返済資金準備が必要です。 経営者に万一があった場合、金融機関からの信用が一時的に低下する可能性があります。
    それに伴い、「金融機関からの信用の低下」、「金利、手形取引の条件が厳しくなる」、「借入金の一括返済を求められる」といった事態が想定されます。
    金融機関からの借入金無しに事業を継続する事は困難です。しかし借入金のリスクは無視出来ない大きな問題となります。

このように、中小企業が抱えるリスクは多岐にわたります。
弊社ではこのようなリスクの把握し、それぞれの経営者にあった対策を提案させていただきます。

↑ページのトップへ戻る

会社概要
社 名 株式会社江後経営
本 社 〒601-8328 京都府京都市南区吉祥院九条町30-1
設立年月日 1980年(昭和55年)4月
代表者 江後良平
従業員数 55名
URL www.ego.co.jp/egokeiei
E-mail info@ego-kcc.com
地 図 →MAPはコチラ

↑ページのトップへ戻る